LIFE

夢を挫折しそうなときに取るべき行動【将来の自分を擬似体験する】

こんにちは、ひびきです。先日このようなツイートをしました。

きっかけは先日友だちと神戸に遊びに行ったあとから、ブログ活動するときの気持ちに変化が出たことです。

どういうことかと言うと、「ブログしなきゃ!」という義務感が薄らいで、ブログをライフワークとして向き合えるようになったんですね。

義務感は強制ですが、ライフワークは生涯にわたってやり続けたい取り組みです。つまり「must」から「want to」になったんです。

そこで夢を挫折しそうなときに取るべき行動についてまとめました。

どうせやるならより楽しくやりたいですし、その方がつづきます。

意外とこの方法を知らない人もいると思うので、ぜひごらんください。

将来の夢を挫折しない方法

結論は「将来なりたい自分を擬似体験する」です。

他のノウハウには、たとえばこのようなものがあります。

  • 夢を紙に書き出す
  • 声に出し宣言する

もちろんこれらも有効だと思います。ただ、将来の自分を擬似体験する方法には勝てないです。

「must」か「want to」か

なぜなら将来の自分を擬似体験できれば、夢に向かってしている行動がライフワークになるからです。

ライフワーク = 生涯にわたって続ける仕事や取り組み

⇨ 根本には「want to」の気持ちがある

なりたい自分を体験してワクワクすれば、「want to」の気持ちは自然と出ます。じゃないと人生をベットできません。

ちなみにぼくの将来像はこうです。

契約社員になって半ノマド生活を送りながら、ブログを発信していきたい。

たしかに紙に書いたり、誰かに宣言することでその場でのモチベは上がります。

でもぼくの経験上それらは「must」の気持ちを増やします。

「must」は自由を奪う

夢に向かって行動しなければならない「must思考」は、その行動から逃げたい気持ちをつくる原因になります。

小学生のころを思い出してください。

「早く勉強しなさい」と親から言われ、「今からやろうと思ってたのに、言われてヤル気がなくなった!」とケンカしたことないですか?

これは心理的リアクタンスといって、自由を奪われそうなときの防衛反応です。

  • 夢を紙に書き出す
  • 声に出し宣言する

上2つは夢をアウトプットして、「行動せざるをえない状況」をつくってるんですね。

自分で自分の自由を制限して、首を締めてしまってます。

別ルートをつくってあげる

「行動しなければならない」と思うと、いくら自分が立てた夢でも逃げたくなります。

やるか、やらないか。もしやらない選択肢を1度でも選ぶと、きっともう戻って来れないです。

イヤなことに立ち向かう必要がないからですね。

でも「want to」なら休んだり、リフレッシュする選択肢をつくれます。逃げというマイナスの発想ではないからです。

一度立ち止まっても、「またやりたい!」という気持ちが出てきやすいと思います。

ぼくがした擬似体験

さきほどお伝えしたように、ぼくの夢はこれです。

契約社員になって半ノマド生活を送りながら、ブログで発信していく。

だから半ノマド生活を擬似体験してみました。どういうことかと言うと、神戸まで旅行したんですよね。

実際のところは友だちとの日帰り旅行なので、神戸でブログは書けてません。

でも見ず知らずの土地に行って新しい発見や気づきがあり、ブログネタにできそうなことは5.6コ見つけることができました。

もし1人で出かけてホテルに泊まってたら、次の日までに記事を1つ書き上げて帰宅してたと思います。

しかもこのときの移動手段はSTEPNで稼いだお金を使ったんですよ。

»【サスティナブル】STEPNは「稼ぐ」から「スポーツゲーム」アプリへ

  • Web3.0のブログ運営をする
  • Web3.0やブログで稼いだお金を使って知らない土地を楽しむ
  • その内容をブログ発信する

なんてステキな未来なんだって思えました。

✔︎変化を感じたとき

ブログ活動が「must」から「want to」に変わったと実感できたのは、ブログがうまく書けないときですね

うまく書けないときはよく沈んでいました。

  • 何やってるんだろう
  • 朝活するよりも寝たい
  • なんでこんなこともできないんだろう

ぼくの場合は幸い辞めることはなかったです。でもツラいときが何日も続いたことがあります。

もちろん「want to」になった今でも、「ダメだこりゃ」と思うことがあります。

ただ明らかに回復が早いというか、「今できなくても仕方ないか」って良い意味での開き直りができるようになったんですよね。

パソコンから離れても、神戸の情景やそのときの感情が頭に浮かんできて、また自然とブログ向き合いはじめてるんです。

まとめ:誰かの追体験でも良い

擬似体験をむずかしく感じるかもしれませんが、意外とできます。

もし自分が体験できなくても、誰かの追体験でも良いと思います。

  • 先人の本を読む
  • ネットで似たような人の経験談を読む
  • YouTubeで自分の理想に近い人のルーティン動画を見る

その人の情景を自分のことのように妄想すると良いです。

mustで頑張るより、よっぽど楽にモチベがつづきます。

途中でリフレッシュして休んでも良いです。「急がば回れ」です。

ラクに楽しく夢に近づきましょう。

  • この記事を書いた人

ひびき

好き▶︎散歩、写真、寝る。Web3.0アプリつかってます。趣味▶︎ソロ活。ソロ活歴は動物園・焼肉・旅館・美術館・水族館です。個人の時代になるなかで、「自分で自分の幸せをつくる力」は必須かなと。自分なりの幸せをつくることにチャレンジしつつ、失敗や気づきをまとめてます。

-LIFE