STEPN

【実質0円でソロ映画】趣味がなかったぼくが、多趣味になれた方法

2022年6月12日

「毎日退屈だから、なにか趣味がほしいな」

「でも誰かを誘うのは手間がかかるから、一人で気軽にできるものがいいな」

趣味が見つからない人は、「お金がかかる」がネックになってることが多いです。

そこでぼくは歩いて稼げるウォーキングアプリをつかって、映画鑑賞をしてみることにしました。

今回は「実質0円で映画鑑賞ができた経験」をまとめつつ、記事の後半では「自分にあう趣味の見つけ方」について深掘りします。

お金をかけないで映画を楽しめた

正しくいうと「毎回お金を払わず、実質ゼロ円で趣味を楽しめた」です。

映画やカラオケ、ボーリングなど、なにかしようと思うと、そのたびにお金を払わないといけません。

でもぼくはSTEPNという次世代のウォーキングアプリを使って、初期投資だけで映画を何回でも楽しる方法をゲットできました。

実質0円で映画「トップガン」を観てきた

出典:トップガン マーヴェリック公式サイト

いわずとも知れた名作「トップガン」

トム・クルーズが大スターになるきっかけになった映画ですね。

主人公マーヴェリック(トム・クルーズ)が母校のエリート・パイロット養成所トップガンに教官として戻ってきて、ミッションに挑む話。

トップガン一作目は今から36年前の1986年にできた映画なんですが、なぜこんなにも期間が空いたかというと、「臨場感ある作品にしたい」というトム・クルーズの想いがあったようです。

参考)『トップガン』続編に、36年かかったわけ。「CGは使わない」トム・クルーズを突き動かす猛烈な好奇心

機内にカメラを取り付けて、臨場感あふれるスカイ・アクション映画になってます。

知り合いと共通の好きが見つかった

後日知り合いに36年の話をしたところ、「一作目のパンフレット持ってるよ?」と。

36年前のパンフレット

5分もしないうちに出てきました。しかも保存状態がすごくいい。

トップガン愛を感じます。

実は一作目を観たことがなかったので、帰ってすぐに観ました。

新作は旧作の流れを受け継いでて、オープニングで流れる空母からの離着陸、マーヴェリックが着てるジャケット、乗ってるバイクはそのまま。36年前に旧作を観てた方には、激アツすぎる展開です。

友だちにこの話をしたら、友だちもトップガンを見始めました(笑)

ちなみに1作目はAmazonプライムビデオで観れます。登録から30日間は無料なのでオススメです。

鑑賞料金を稼げた方法はウォーキングアプリ

映画を実質0円で観れたカラクリは、歩いて稼げるウォーキングアプリ「STEPN(ステップン)」でお金を稼げたことです。

STEPNはブロックチェーンをつかったアプリで、2022年前半に一部の人たちの間でブームになったもの。

2022.11.7追記

記事を書いてた当時のぼくは1日10分のウォーキングで月換算13,000円ほどの稼ぎですが、いまは2,500円くらい。

気をつけることは下記2つ

  • 稼げるのは仮想通貨なので、株のように値動きがあること
  • アプリをはじめるにあたって、デジタルスニーカーを買うこと

思ったほど稼げないときがあるかもしれませんが、損をするとしてもスニーカー代くらいです。

STEPNについてくわしく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

»【今どきの散歩】STEPNを使うと、人生に真剣に向き合えた話

趣味がなくて悩んでる人に伝えたいこと

趣味を見つけるためにネットで探しても、たぶんあまり意味がないです。

後半パートではその理由と、趣味の見つけ方を深掘りします。

趣味が見つからない人の特徴

趣味を探してるけど見つからない人は、下記のギャップに悩んでる印象です。

  • 現実 → 趣味にはお金がかかる
  • 理想 → お金をかけずに楽しみたい

でもお金がかからない趣味なんて、ほぼないですね。

ぼくもおなじように悩んで行動にうつせず、10年くらい無趣味がつづきました。

たとえば趣味 おすすめ 男で調べてみると、こんな感じ。

ネットにあった趣味一覧

お金をかけないで続けられる趣味はランニングくらい。

毎月お金が入ってくる仕組みをつくる

趣味の選択肢を広げるにはお金がいります。

とはいえ給料から出すのは躊躇しますよね。というか給料から出せるなら、そもそも悩んでないわけで。

その悩みを解決するのが、前半パートで紹介したウォーキングアプリ「STEPN」です。

副業でお金のゆとりをつくる方法もあります。でも副業NGの会社が多いだろうし、OKだとしてもプライベート時間をアルバイトみたいな労働につかえば、趣味をする時間がなくなります。

でもSTEPNなら歩きつつ稼げるので、プライベート時間を会社に奪われることはないですね。考えごとしたり、気分転換しつつ、お金を稼げます。

稼げる金額はそのときの仮想通貨のレートで変わりますが、働かずにお金が手元にくる仕組みはこれまでにないものです。

稼いだお金でモノより経験を買う

財布の中にお金があると、欲しモノをつい買ってしまいがちです。

でも物欲を満たした充足感は、一週間もすると消えます。

モノを買うよりも経験を買いましょう。たとえばこんな感じ。

  • 旅先ならではの料理を食べる
  • ジムに通って、身体を健康にする
  • ガソリン代にして、ドライブを楽しむ

ぼくは映画鑑賞をしましたが、STEPNを使った経験づくりはたくさんあります。

物欲を満たした充足感はすぐに消えますが、経験や知識、スキルはなくなりません。むしろそれをきっかけに、新しい自分を発見できます。

新しい自分を発見できると、すごく好き!とまでいかなくても、どこか気になるものは見つかりやすいと思います。

一人で没頭できる趣味の見つけ方のコツ

身も蓋もない話ですが、なんでもいいから行動して経験してみることです。

たくさんチャレンジしてみて、合わないものはやめていく。そうやって最後までのこったものが「自分にあう趣味」かなと。

ぼくはSTEPNをとおして散歩が好きになり、カメラに興味を持ち、ソロ活もするようになりました。

たぶん散歩なしで、カメラもソロ活も始めることはなかったです。

趣味なんていくらあっても困ることはないので、行動しつつ気になったことは「やめてもいいや」の気持ちで、触れてみましょう。

✔︎幸せの定義

というわけで、そろそろおわりにします。最後にひとつだけ。

それは「これからの時代は自分で自分の幸せをつくる能力が必須」ということです。

進学や就職先、どのように生きていくか自由に選べるようになった今の時代は、一見すると幸せです。

でもそれは「自分を持ってる人」にいえることで、「自分をまだ持ててない人」や「自分の生活に満足できてない人」からすると生きづらい社会といえます。

なので、「気になることはとりあえずやってみる」がいいと思います。もし自分にあわなければ、それはそれ。

自分をつくっていく過程も、割と幸せです。

  • この記事を書いた人

ひびき

好き▶︎散歩、写真、寝る。Web3.0アプリつかってます。趣味▶︎ソロ活。ソロ活歴は動物園・焼肉・旅館・美術館・水族館です。個人の時代になるなかで、「自分で自分の幸せをつくる力」は必須かなと。自分なりの幸せをつくることにチャレンジしつつ、失敗や気づきをまとめてます。

-STEPN