Webライター

Webライターの年収と副収入【初心者でも副業で月3万はいけそう】

  • 副業でWebライター始めたいんだけど、どれくらい稼げる?
  • 目安があると、目標になるしヤル気が出るんだけどな...

今回はこのような方に向けた記事です。

どうもこんにちは、ひびきです。

Webライターとして、ランサーズで受注したり企業と直接契約してます。

ぼくが未経験だったときそうだったんですが、「Webライターをしてる人は月にいったいどれくらい稼いでるんだ?」とすごく気になってました。

そりゃあそうですよね。会社で働いていないプライベート時間をつかってまで、お金を稼ぎたいと思ってるわけですから。

そこで本記事では

  • Webライターの年収
  • 初心者ライターが収入アップのためにすべきこと

についてまとめました。

Webライターの年収は割といい

Webライター平均年収の目安は、以下のとおりです。

  • 正社員 → 平均445万円
  • フリーランス → 200万ほど

副業Webライターの働き方は人それぞれなので、収入を一言で表すことができません。

でも上記の収入例から、およその収入の目安は計算できます。

Webライターの平均年収

正社員Webライターの平均年収は588万円。2020年版では445万なので平均年収はアップしてます。

»2022年版 職種別 モデル年収平均ランキング(マイナビ転職)

フリーランスWebライターの平均年収は下記のとおり。

年収割合
200万円未満32.0%
200万円~400万円26.9%
400万円~600万円21.5%
600万円~800万円8.2%
800~1000万円5.5%
1000万円~1200万円2.3%
その他3.6%
フリーランス白書2019よりひびき作成

このアンケート対象のフリーランスは

  • フルタイム並みの人
  • 正社員でいう時短勤務並みの人
  • スキマ時間にちょろっとやってる人

を合わせた調査なので、数字をそのまま鵜呑みにはできませんが、ひとつの参考になりそうです。

つまりこんな感じ

  • 副業の年収上限 → 200万円
  • 個人事業主(本業)の最低目標 →200万円

副業Webライターの月収

副業Webライターはハイパーがんばったとしても、月16万円が限界ラインかなと。計算式は下記のとおり

  • 16万円 = 200万円 ÷ 12ヶ月

200万円はひとつ前のパラグラフで説明したものです。

副業なら十分すぎる数字ですね。

副業を始めたい人は「月にもう3万円あれば、生活にゆとりが出るのにな」くらいのレベルで思ってる人が多いと思います。

かくいうぼくもそうで「月にもう3万あれば貯金もできるし、好きな美容や服にもお金かけれるぞ!お金貯まれば引っ越しもしたい!」が出発点でした。

ちなみにWebライター初月のぼくの売上は2記事で6,000円。

収入の計算方法

Webライターが仕事を受注するときは、ランサーズクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトをつかいます。
そこでの、売上の契約は3パターンですね。

  • 原稿料で決まってる
  • 時給単価で決まってる
  • 文字単価で決まってる

基本的には文字単価と思っていいです。

たとえば「1文字1円でお願いするから、3000文字の記事を書いてね」という感じ。

執筆ジャンルはいろいろある

もし月に3万円稼ぎたなら、文字単価1円で3000文字の記事を10本書けばOK。

もちろん文字単価を上げたり、執筆スピードを上げることができればさらに効率よく稼げます。

収入以外のWebライターの魅力

たくさん稼げることに越したことはないですが、少しばかり収入が低くても、それでもWebライターは魅力的だといえます。

なぜなら「パソコンがあれば、どこでも働けるから」です。

ぼくは「オーロラを見に行く」という夢があって、そのためにWebライターを始めました。Webライターなら旅行しながら仕事できるし、旅行そのものがネタになって記事ができると思ったからです。

»オーロラ見たくて、Webライターやってみた【初心者からの始め方】

何か目標があって、それに向かってお金を貯めたい!という人には本当におすすめ。

Webライター収入をアップさせる方法

前半パートではWebライター収入の目安、収入の計算方法についてお話しました。

後半パートでは収入アップに直結する「文字単価の上げ方」についてお話します

文字単価1.0円がひとつの壁

Webライター初心者にとって、文字単価1.0円がひとつの目標です。これをクリアできれば初心者は卒業したといっていいでしょう。

そのための方法をネットで調べてみると、文章力や企画力、リサーチ能力、コミュニケーション能力、SEOや担当ジャンルの知識など、実にたくさんの項目があります。

ぶっちゃけこれじゃあよく分からないし、頭がパンクするので3つに絞りましょう。

  • ライティングスキルを磨く
  • ポートフォリオをつくる
  • マーケティングをする

ポートフォリオとは自分がこれまでに書いた作品ですね。受注実績がない人は自分が運営しているブログを実績としてアピールしてることが多いです。

ぼくもランサーズで初めて案件を受注したときは、自分のブログをアピールしました。

そうやって「ライティングスキルを上げる→ポートフォリオをつくる」過程を踏みながら、マーケティングも行います。

Twitterつかって自分のスキルや書いた記事を投稿しつつ、クライアントにアピールしていきましょう。#Webライター募集と調べてみると、案件転がってますよ。

ちなみにぼくはTwitterをつかいつつ、ライティングの勉強をしてます。

»【Webライター】オワコンといわれない副業のほうが少ない世の中

文字単価2.0円以上はスペシャリスト

文字単価2.0円になればスペシャリストです。

  • ライティングスキルをさらに磨く
  • 人脈のネットワークをつくる
  • ブランディングを行う

自分のブランドを確立するにはポートフォリオもそうですが、あなたならではの武器が必要です。

たとえばこんな感じ。

  • SNSで影響力や拡散力がある
  • インパクトがる一次情報を持ってる
  • 新しいサービスや専門的な記事を書ける
  • カメラやイラストなど文章以外のコンテンツも扱える

まぁでも身も蓋もない話になりますが、いつまで経ってもライティングスキルありきかなと思います。

「スキル→実績積む→人脈、ブランディング」の流れが大切で、自分のスキルを背伸びして見せてもどこかで綻びが出るからです。

ライティング講座を受ける

なので「副業でWebライターをがんばりたい」「文字単価上げるためにライティングスキルを身につけたい」という方は、ライティングスクールを利用するのもありです。

世の中にライティングの本は山ほどありますが、こういうスキルって自分だけで高めるのは限界があるので、プロのライターから教えてもらえるのは貴重ですね。

スクールから仕事を回してもらえる可能性もあるので、一石二鳥です。

ジャンルは絞るべきか広げるべきか?

「Webライターとしてジャンルは絞るべきか、手広くするべきか」という声もよく聞きますが、ぼくはジャンルを絞ったほうがいいと考えてます。

  • 特定のジャンルに絞ることで、専門性を磨ける
  • 特定ジャンルの実績を積み上げれば、ブランディングしやすい

自分の専門分野をハッキリすると、クライアントからの信頼を得やすくなります。

とはいえ少し混乱するかもですが、ジャンルをひとつに絞るのは避けたほうがいいです。

あまりにも狭い分野に絞ると、クライアントからの依頼が減ることもあります。専門分野をつくりつつ、関連する分野もカバーできるようにするといいですね。

ということで、今回の記事はそろそろおわりです。それでは٩( ᐛ )و

  • この記事を書いた人

ひびき

好き▶︎散歩、写真、寝る。Web3.0アプリつかってます。趣味▶︎ソロ活。ソロ活歴は動物園・焼肉・旅館・美術館・水族館です。個人の時代になるなかで、「自分で自分の幸せをつくる力」は必須かなと。自分なりの幸せをつくることにチャレンジしつつ、失敗や気づきをまとめてます。

-Webライター