Webライター

【専門知識なしでOK】Webライターになるために必要な基本知識

2023年4月29日

本記事はプロモーションが含まれています。

副業でWebライターを始めたいと思っても、「知識がない未経験のぼくにできるかな...」と二の足を踏んでいませんか?

結論から言うと、Webライターは専門知識なしでもできます。

もちろん基本的な知識は必要ですが、それでもなおWebライターは副業初心者にとってハードルの低い仕事でしょう。

ひびき

実際にぼくは未経験でも初月から収益化できました!

そこで本記事では現役Webライターのぼくが、Webライターになるために必要な基本知識やスキルを解説していきます。

後半では「稼げるWebライター」になるための学習法3つも紹介しており、未経験の人でもスムーズにWebライターにチャレンジできますよ。

専門知識なしでもWebライターになれる理由5つ

専門的な知識ゼロでもWebライターになれるかな?

安心してください。専門知識なしでもWebライターはできます。

勉強で知識武装するよりも、1日でも早くWebライターの世界に飛び込んだほうが効率的にWebライターとして成長できるかと!

知識なしでもOKな理由5つ

  • 文章の書き方には型がある
  • 特別なパソコンスキルは不要
  • 分からないことはググればOK
  • 約束を守れることが何より大切
  • 初心者向け案件にはマニュアルがある

1つずつ順番に解説します。

文章の書き方には型がある

Webライターは魅力的な文章を書かないといけないと思ってる人が多いですが、実は違います。

Webライターこそ、誰にでも分かりやすい文章を書かないといけません。

なぜならWeb記事を読む読者には「スキマ時間にサクッと調べたい」ニーズがあるから。

たとえば下記をイメージしてください。

  • 専門誌→詳しく説明されているが、レベルが高い
  • 雑誌→内容が分かりやすく、初心者向け

Webで求められているのは、雑誌のように頭にスッと入ってきやすい文章です。

ひびき

ぶっちゃけ小学生に話しかけるような簡単な文章を書ければOKかと!

特別なパソコンスキルは不要

初心者向けの案件では「Word」や「Googleドキュメント」での納品がほとんどです。

特別なソフトを使わないため、新しい知識を学ぶことなくWebライター業務ができます。

  • 初心者向けの案件→Word・Googleドキュメントで納品
  • 中級者向けの案件→WordPress(ワードプレス)に直接入稿
ひびき

WordPressとはサイトをつくるソフトのことです!

もちろんWebライターとしてステップアップするには、WordPressの使い方も学んでいかないといけません。

とはいえそれはWebライターを始めて、当分先のお話です。

分からないことはググればOK

記事に書く内容すべてをあなたが理解していなくても大丈夫。

というのも、分からないところはググればOKだから。

え?!それで大丈夫なの?!

分からないことを自分で調べられるのは立派なスキルだよ!

ひびき

もちろん執筆ジャンルに精通していることに越したことはありません。

しかし、そういった専門的な知識は案件をこなす中で蓄えていくもの。

知識は後から付いてくればOK!

  1. 初心者向けの案件に応募 
  2. ググりながら案件を書く
  3. 知識がストックされて、専門分野ができる

興味を持って書けそうな案件なら、知識量に関係なくドンドン応募してみましょう。

約束を守れることが何より大切

Webライターにとって約束を守ることは、どんなスキル・知識よりも大切です。

約束守るのは当たり前じゃない?

リアルの世界はそうでも、ネットの世界ではルーズになりがちなんだよ。

ひびき

ネットビジネスは誰でも気軽にできるメリットがある一方で、約束の大切さを薄めてしまうデメリットもあります。

実際、下記の不満をもつクライアントがいました。

ネットビジネスは信頼が命。もしトラブルがあれば報告・連絡・相談を必ずしましょう。

初心者向け案件にはマニュアルがある

初心者向け案件には執筆マニュアルが用意されていることも。

マニュアルの一例

  • です・ます調の指示
  • タイトルのつくり方
  • 読まれやすい文章の書き方
ひびき

マニュアルがあれば実践で知識・スキルを学びつつ、お金ももらえて一石二鳥ですね!

しかも基本的なライティング知識はマニュアルで十分賄えます。

もちろん執筆中に出てきた疑問は、随時クライアントに相談してOK。

ひとりで抱え込まずに、マニュアルやクライアントを頼ってみましょう!

Webライターになるために必要な基本知識・スキル4つ

Webライターを始めるために最低限必要な知識はなに?

基本的な知識やスキルはたったの4つです。

本章の内容

  • 営業力
  • 報告・連絡・相談
  • 正確な情報のリサーチ能力
  • 中学1年生が読んでも分かる文章
  • 【補足】SEOを学べば月3万は余裕

今のあなたに上記の項目がなくても大丈夫。

テンプレやテクニックを紹介しながら解説するので、読むだけですぐに身につきますよ。

それでは順番に紹介していきます。

営業力

営業力は2つに分割できます。

  • プロフィール=履歴書
  • 提案文=企画書

クライアントは応募者が送る提案文とプロフィールを読むだけで、どのWebライターを採用するかを決めます。

そこであなたのアピールポイントを存分に伝えましょう。

でもぼくに強みなんてないよ...

安心してください!

採用されやすい文章には法則があるので、それさえ知っていれば初心者でもOKです。

下記の記事でテンプレ付きで解説しているので、必要な箇所を修正するだけですぐに作成できますよ。

✔︎プロフィール

例文つきWebライタープロフィールの書き方【実績なし・未経験OK】

✔︎提案文

【初心者Webライター向け】クライアントの心を掴む提案文の書き方

報告・連絡・相談

当たり前のことですが、クライアントとのコミュニケーションは大切です。

そのため報告・連絡・相談をマメにするようにしましょう。

たとたえばトラブルで納品が遅れそうなWebライターが2人いるとします。

もしあなたがクライアントなら、どちらのWebライターが信頼できますか?

  • Aさん→納期当日に連絡してくる
  • Bさん→納品が遅れることを前もって連絡してくれる

圧倒的にBさんの方が信頼できますよね。

もちろん納期に遅れないことが前提ですが、社会人のマナーを忘れないようにしてくださいね。

正確な情報のリサーチ能力

リサーチのポイント

  • 口コミ→SNS
  • 商品・サービスの情報→公式サイト

正確な情報にもとづく記事は、読者に信頼され、クライアントにも高い評価を受けます。

そのため情報は公式サイトや公的機関サイトでリサーチしましょう。

ひびき

情報源が曖昧なサイトで調べると、クライアントからも嫌われるので...

とはいえ、ときにSNSでユーザーのリアルな声を拾うことも必要です。

たとえは商品やサービスのデメリットは、公式サイトで詳しく書かれていることはありません。

購入を迷っている読者は、メリットよりもデメリットを知りたがっていることがほとんど。

このようなときは公式サイトよりもSNSでリサーチする方が有効でしょう。

記事の目的や読者ニーズによって、情報源を区別すると深みのある記事になりますよ。

中学1年生が読んでも分かる文章

中学1年生が読んでも分かる文章を書けるようになりましょう。

なぜなら読者は、知りたい情報を探してる知識0の人だから。

たとえばPREP(プレップ)法を使うと、論理的で分かりやすい文章を誰でも書けるようになります。

PREP法とは?

型をなぞるだけで、論理的な文章を書けるメソッド

  • Point → 要点
  • Reason → 理由
  • Example → 例え
  • Point → 要点の念押し
Webライティングの基本型はPREP法!【基本から応用まで解説】

さらに下記のコツを組み合わせると、より効果的です。

  • 一文を短くする
  • 接続助詞「て」をなくす
  • 漢字は少なめ、ひらがなは多め
  • ポイントは箇条書きにする など
【読まれるWebライティング】文章にリズムをつくる13のコツ

【補足】SEOを学べば月3万は余裕

補足的な内容ですが、SEO知識を学ぶと高単価案件を受注しやすくなります。

SEOとは?

ネットに公開した記事を検索上位に表示させる手法。

SEO対策をして、Googleで上位表示された記事

実際のWebライター案件を見てましょう。

文字単価2.5円のSEOライティング案件
SEOを学べば稼ぎやすくなる

上記案件なら2本書けば月収4万円なので、副業なら御の字でしょう。

でも勉強が大変そうだな...

いえいえ。学ぶ範囲は限られてるので安心してください。

というのもWebライターは記事を書くだけで、サイト運営をしなく良いので。

具体的な方法は下記の記事で分かりやすく解説していますが、Webライター講座で体系的に学習するのもアリかと!

稼げるようになれば、受講費は数ヶ月でペイでき、あとは手元のお金がドンドン増えていきますよ。

【Webライター向け】SEOライティング6つの手順と7つのコツ

【知識なし&未経験OK】Webライターが案件を獲得する手順3つ

専門知識なしでもWebライターになれることは分かってもらえたと思いますが、

初心者でも案件を獲得できるの?!

と、不安を持った方は多いのではないでしょうか?

そこで本章では未経験Webライターが案件を獲得するまでの手順を解説します。

本章の内容

  • クラウドソーシングに登録
  • ポートフォリオをつくる
  • 書きやすいジャンルを選ぶ
  • 【補足】案件選びのコツ

クラウドソーシングに登録する

最初のステップはクラウドソーシングに登録することです。

クラウドソーシングとは?

仕事を依頼したいクライアントと仕事を受けたい人がやり取りできる場所。

オススメのサイトは下記2つですね。

特にクラウドワークスはWebライター案件が2,610件(2023年10月12日時点)と、業界最多。

初心者Webライターでも選べる案件がたくさんあるのでオススメです。

クラウドワークス公式のトップページ
出典:クラウドワークス公式
未経験からのWebライター!クラウドワークスの概要と使い方を解説
ひびき

登録はもちろん無料!

ポートフォリオをつくる

クライアントはポートフォリオを見て、Webライターのライティングスキルを見定めています。

ポートフォリオとは?

あなたが書いてきた記事の作品集のこと。

ポートフォリオの提出を求めているWebライター案件
ポートフォリオを求める案件は多い

とはいえ初めてWebライターに挑戦する人からすると、「そもそもポートフォリオに載せられる実績がない!」と思うことでしょう。

そのようなときには、サンプル記事を書けばOKです!

腕試しに「〇〇(執筆ジャンル) コツ」をテーマに、2,000〜3,000文字の記事をGoogleドキュメントで書いてみましょう。

たとえば下記のような感じです。

  • 恋愛 コツ
  • 積立NISA コツ

記事の具体的な書き方は下記で紹介しているので、合わせてチェックしてみてくださいね!

✔︎記事の書き方5ステップ

【初心者Webライター必見】正しい記事の書き方を5ステップで解説

✔︎Googleドキュメントの使い方

【Webライター必読】Googleドキュメントの使い方と記事作成

書きやすいジャンルを選ぶ

得意なジャンルなんてないよ...

このような悩みがあるなら、あなたの生活に関連したジャンルを選びましょう。

生活に関連しているジャンルには、たくさんのメリットがあります!

  • 実体験を書ける
  • ある程度の知識がある
  • 案件数がたくさんある
  • ネットにたくさん情報がある

分からない内容はググればたくさんの情報があるでしょうし、実体験も書けるとより高品質な記事を書けます。

たとえば下記のジャンルとか。

  • 主婦 → 子育て、食品、コスメ
  • 社会人 →ライフスタイル、健康、投資

もし稼ぎやすいジャンルの中にあなたが実際に経験したものがあるなら、それを選ぶのもアリですね!

初心者Webライターでも稼げるジャンル一覧!特徴と選び方を解説

【補足】案件選びのコツ

「初心者向け」と書かれた案件ならプレッシャーを感じず、未経験の人でも安心して取り組めます。

初心者が応募すべき文字単価の目安は0.5円前後

というのも文字単価1.0円に近づくほど中級者ライターも同じ案件に殺到するので、契約できる確率が減ってしまうから。

文字単価の目安

  • 初心者向け → 0.3円〜
  • 中級者向け → 1.0円〜
  • 上級者向け → 2.0円〜

初めは単価の低さに戸惑うかもしれません。

でも案件をこなし、実績を積むと1.0円はわりと実現可能な数字です。

ひびき

実際にぼくは2つ目の案件で、文字単価1.0円の案件を契約できました!

また下記の条件があれば、迷わず応募してみましょう。

  • 記事構成付き
  • マニュアル付き
  • フィードバック付き
Webライター未経験からの案件獲得術【案件の見極め方も紹介】

知識なしWebライターが仕事に効率的に慣れる手順3つ

案件をこなしながら不足している知識を補っていくと効率的です。

本章の内容

  • 実際に案件をこなす
  • フィードバックを受ける
  • フィードバック内容を勉強する
  • 【補足】ブログを運営してみる

それぞれ解説します。

実際に案件をこなす

実際に案件をこなせば、今あなたに必要な知識やスキルが明確になります。

たとえば初心者Webライターが勉強していくべき内容は下記のとおり。

  • SEO知識
  • WordPress
  • 正しい日本語能力
  • 専門ジャンルの知識 など

たくさんあり途中で挫折してしまうかもしれません。

まずは実際の案件を通じて、どのようなニーズがあるのか、どのような内容が求められるのか把握することが大切です。

ひびき

勉強にゴールができると、モチベーションを維持しやすいかと!

フィードバックを受ける

2つ目の手順は「納品した記事のフィードバックをクライアントからもらう」です。

フィードバックを受け取ることで、具体的なライティングノウハウを学べたり、どのような改善点が必要なのかが明確になります。

しかもフィードバックは無料。活用しない手はありません。

赤ペン先生みたいな感じだね!

現場で学んだことは記憶に残りやすく、Webライターを始めるあなたにとって貴重な財産になるでしょう。

ちなみにクライアントは忙しいので、いつもフィードバックをもらえるとは限りません。

そのため納品時にフィードバックの依頼を忘れないようにしてくださいね!

Webライターの納品方法と評価を上げるコツ4選【納品ファイル別】

フィードバック内容を勉強する

これまでのステップでは、あなたが克服すべき知識やスキルを洗い出す作業でした。

第3のステップは、上記の内容を勉強するフェーズです。

勉強のコツ

  • 自己流の癖をなくす
  • 知識を補完する
  • 補完した知識を武器にする

学習した内容をあなたのアピールポイントに変えることがミソ。

どういうこと?

たとえばクライアントから「今の文章ではSEO的に上位に表示されづらい」というフィードバックを受けたとしましょう。

上記から分かることは下記のとおり。

  • 問題点:SEO知識の不足
  • ニーズ:検索上位に表示される記事づくり
  • すべきこと:SEOライティングの勉強

勉強して知識が身についたとしても、知識は目に見えないので、それをクライアントに証明することはむずかしいです。

でも検定試験に合格すれば、「◯◯の資格があります!」と応募時にアピールできます。

Webライターになるには資格は必要?スキル別におすすめ資格を紹介

【補足】ブログを運営してみる

Webライターとしてスキルアップするには、常にアウトプットすることが大切です。

その方法としてブログ運営がオススメ。

ブログを運営するメリット

  • ポートフォリオになる
  • WordPress知識を学べる
  • ブログからの収入も見込める

文章力やSEOのスキルアップに繋がるだけでなく、実際に読者の反応を見ることで、より良い記事を書くためのヒントを得られます。

またWordPressの操作方法が身につけば、単価がより高い案件に応募できるようになるでしょう。

納品方法をWordPressへの直接入稿としているWebライター案件
WordPressに直接入稿が条件の案件は多い

稼げるWebライターになるための学習法3つ

稼げるWebライターになるには、どうやって勉強すればいい?

学習法は3つあります。

本章の内容

  • 本で勉強する
  • YouTubeで勉強する
  • Webライター講座を受ける

「とりあえずWebライターを始めてみよう」という軽い気持ちなら、本やYouTubeで良いでしょう。

一方で「稼げるライティングスキル」を身につけたいなら、Webライター講座を受けるのがオススメです。

というのも文章の良し悪しは、点数化しづらく、自己評価がむずかしいから。

1つずつ順番に紹介します。

本で勉強する

本のメリットは情報の信頼性が高いことです。

なぜなら本には著名なWebライターやブロガーが執筆しているものが多いから。

活字コンテンツは、参考になる表現方法や言い回しなど文章力を上げる勉強もできて一石二鳥かと!

created by Rinker
¥2,178 (2024/05/27 11:40:46時点 楽天市場調べ-詳細)

YouTubeで勉強する

YouTubeは動画コンテンツなで、楽しく学習ができます。

YouTube学習のメリット

  • 無料
  • ながら勉強ができる
  • 視覚・聴覚をつかうから、記憶に残りやすい

モチベーションが続きそう!

たとえば下記チャンネルが参考になります。

動画を探すときは信頼できる情報源であることに注意し、自分に合ったものを選択しましょう!

Webライター講座を受ける

一人で学習しながら、案件も獲得する自信がないな...

もし一人でWebライターを始めるのが不安なら、Webライター講座を受ける方法も。

講座を受けるメリット

  • 体系的に学べる
  • 仕事を紹介してもらえる
  • プロ講師から直接学べる
  • 文章を添削してもらえる

カリキュラムがすでに用意されており、あとはそれに沿って進めるだけ。

スクール名料金(税込)オススメの人受講期間記事添削質問案件紹介無料体験関連記事
ユーキャン
Webライター講座
19,000円費用を抑えたい人1〜3ヶ月3回×××口コミ・評判
あなたの
ライターキャリア
講座
49,800円〜自分にあったコースを選択したい人2ヶ月半5回無制限×
(資料請求)
口コミ・評判
WritingHacks89,800円期限に関わらず教材を利用したい人無期限
(買い切り型)
3回無制限×口コミ・評価
たのまな
WEBライティング
講座
32,000円ライティング資格を取りたい人最短2ヶ月×無制限××
(資料請求)
口コミ・評価
パーソナルWebライティングスクール330,000円無料体験レッスンを受けてみたい人8回の講義終了まで無制限無制限口コミ・評価

たとえば、初心者にはWritingHacks(ライティングハックス)がオススメです。

  • 案件紹介
  • 質問し放題
  • 課題添削3回
  • 114本の動画教材

89,800円で上記サポートを受けられ、初心者Webライターでも着実にステップアップできます。

さらに案件紹介もしてくれるので、実績づくりもバッチリ。

口コミを集めた解説記事をつくったので、こちらを参考に受講を検討してみてください。

ライティングハックスの評判は?受講生の口コミ10選を徹底調査
ひびき

受講終了後のサポートも充実しており、安心して活動を続けられますよ!

ぼくが副業Webライターをやってみた結果

ぼくがWebライターをしてみた結果は下記のとおりでした。

  • 2週間で案件獲得
  • 初月は3000円の収入
  • 2件目で文字単価1.0円

したことは本記事に書いてあることだけ。

ただ2つ失敗したことがあるので、それをシェアします。

  • いきなり文字単価1.0円を狙って、不採用が続いた
  • スキマ時間に効率よく執筆ができず、時間がかかった

実績0の初心者が文字単価1.0円の案件を獲得するハードルは割と高いです。

ひびき

だから本記事では0.5円前後の案件を獲得しようと書きました!

あと、スキマ時間に効率よく執筆できる方法を身につけておくといいです。

スキマ時間を有効活用できなかったら、時給単価が低くなりますから。

音声入力ができると捗ります。くわしくはこちらの記事をどうぞ。

【Webライター必見】Google音声入力で記事を書く手順3つ

よくある質問

Webライターの平均月収はいくら?

Webライターの平均月収は働き方によって違います。

平均月収
副業Webライター2万
正社員Webライター38万

副業なら月2〜3万は、初心者でも稼げるようになります。

Webライターは他の副業とちがい、書きさえすれば報酬がもらえる堅実な仕事なので。

Webライターの年収を解説!収入アップ方法と高単価ジャンルも紹介

どのくらいで稼げるようになりますか?

早ければ初月で稼げます。

著者のWebライター1ヶ月目の収益実績
初月に副収入3000円達成

ぼく以外にも初月から収益を出している人は多いです。

そもそもWebライターはどんな仕事内容?

Webライターの仕事は、ネット上に公開される記事を作成することです。

むずかしそうに感じるかもしれませんが、実はパソコンさえあれば誰でも気軽に始められる特徴があります。

Webライターの仕事とは?

  • 書けば稼げる!文字単価で働く仕事
  • 資格なしでもOK!気軽に始められる仕事
  • 文才なしでもOK!情報を分かりやすく伝える仕事
  • 専門知識なしでもOK!分からないことはググろう
  • 年齢は関係ない!あなたの人生経験が武器になる仕事

実際にぼくも未経験から副業Webライターを始め、初月から収益が発生しました。

身につけたライティングスキルは他の副業でも活かせるので、初めて副業する人にはオススメの仕事です!

Webライターはどんな仕事内容?適性や収入は?【結論:未経験OK】

Webライターを始めるのに年齢は関係ありますか?

Webライターに年齢は関係ありません。

Webライティングの仕事は、文章を書く能力があれば誰でもできます。

むしろ「年齢=人生経験が豊富」なので、あなただけの一次情報を書けるのは大きな武器になるでしょう。

【年齢は強み】40代50代がWebライターを始められる理由と秘訣

まとめ:専門知識なしでもWebライターで稼げる!

本記事では、専門知識なしでもWebライターができる理由と未経験から効率よくステップアップしていく方法を解説してきました。

知識なしでもできる理由

  • 文章の書き方には型がある
  • 特別なパソコンスキルは不要
  • 分からないことはググればOK
  • 約束を守れることが何より大切
  • 初心者向け案件にはマニュアルがある

効率よくステップアップするには実際に案件をこなし、苦手分野をひとつずつ克服していく方法がオススメ。

とはいえWebライターで成功するには体系的に学習するのがベターです。

そのようなときはWebライター講座を受けてみるのもいいでしょう。

たとえばWritingHacks(ライティングハックス)なら、初心者でも着実にステップアップできる環境が整っています。

  • 案件紹介
  • 質問し放題
  • 課題添削3回
  • 114本の動画教材
ライティングハックスの評判は?受講生の口コミ10選を徹底調査
ひびき

ほいじゃ٩( ᐛ )و

  • この記事を書いた人

ひびき

どうも、ひびきです。
「ソロ活でオーロラを見る」夢に向かって、Webライターとブログでお金を貯めてます。
本ブログでは▶︎初心者Webライターが▶︎月3万円を稼ぐために必要なことを発信しています。

-Webライター